個人事業と会社設立

私の姉が、現在、起業をしようと考えているのですが、個人事業にしようか、会社設立にしようか迷っているようです。
個人事業であれば、役所への届出も無料で出来ますし、簡易帳簿で青色申告が出来ますので、非常に容易であると考えています。
しかし、会社設立に比べると税金面で損になってしまったり、事業に失敗してしまった場合は全ての財産を失ってしまいますし、社会保険にも加入できないので、デメリットも多いと考えています。
会社設立にすると、法律の規制の中で、会社設立の手続きされているので、社会的な信用度がでてきますし、各種保険も義務付けられており、厚生年金や社会保険に事業主本人も加入することができます。
また、株式会社ですと、業績が悪化した際、出資者は自分の出資した金額の範囲でしか、責任をとる必要がないので、安心できますし、資金の調達も行いやすくなります。
以上のことをふまえて、私の意見としては、会社設立の方が安全だと思うので、姉にはそうするよう勧めています。