会社設立をするためには!

さあ、会社を設立しようと思ったときの手続き、一人でできるもんといきたいところですよね。
まずは、事業目的などの登記事項を決定するのです。
感tんですね。
次に 会社設立に必要な登記書類に、押印し、出資者・役員全員の個人実印および印鑑証明書、会社実印、預金通帳が必要となりますので、忙しく行動を。

さて、次は 公証人役場で、定款認証の手続きですよ。
自分自身の預金通帳に、資本金相当額を振込みんでいますか。
預金通帳のコピーをもって、資本金払い込みの証明書としることも忘れずに。
疲れるまもなく、 法務局で登記申請を行和なければなりません。
そして、 登記申請日が会社設立日となります。
ああやったと思うのですが、登記申請から7日程度後に、会社の登記簿謄本等が入手でき、会社名義の預金口座の開設が、できるようになるので、またまた行動開始です。
これらの具体的な動きを、専門家にやってもらえれば、ストレスも溜まらず、失敗もなくできると思うのですが、いかがでしょうか。