フランチャイズについて思うこと

私には夢があります。
それは、定年前に「勤め人」を卒業することです。
朝から満員電車に揺られる人生はもうごめんだと思うことが多くあるからです。
しかし現実的には難しい面もあります。
それは生活費をどうするかということです。
定年前だと退職金も満額出るわけではありませんし、ましてや年金の支給開始年齢にも達しておりません。
しかし、毎月食費などの生活費は必要なわけです。
もう子どもじゃないのですから、退職したらどうなるのかということをよくよく考えて決断せねばなりません。
今、私が考えているのは、自分で何かしらの店を経営するということです。
一国一条の主じゃないですが、駒として使われる人生ではなく、良くも悪くも自分に跳ね返ってくる「自営」というものに興味があるのです。
しかし、これまで「自営」の経験はなく、見込み客のつてもありません。
そこでいいなぁと思っているのが「フランチャイズ」に加盟することです。
たしかに一時的に加盟金はかかりますが、そこには長年にわたるノウハウがつまっています。
そのノウハウを1から学ぼうと思ったら大変なことになると思います。
フランチャイズを賢く利用して、セカンドライフを楽しみたい、それが今の私の夢です。